人気メニュー別!指折りの審美歯科クリニックカタログ

HOME » 審美歯科治療がよくわかるガイド » 歯列矯正

歯列矯正

歯の矯正は子供のころに行うもの…という認識を持つ方も多いようですが、成人になってからでも歯列矯正は可能です。ここでは歯列矯正の基礎知識をまとめてみました。

歯列矯正の種類や方法

歯の矯正治療は、歯並びや噛み合わせを整えていく治療の事です。見た目をきれいにするだけでなく、発音や咀嚼などの機能的な面での回復も同時に行うことができます。

これまでの矯正では表面に金属のブラケットを装着する必要があったのですが、最近の治療では金属の代わりにセラミックやプラスチックを使ったブラケットを使ったり、歯の裏側に矯正装置を付ける方法などがとられるようになってきました。大人の場合は矯正にかかる期間の目安は1年半~2年程度(表側矯正の場合)とされているようです。

セラミック矯正

歯と同系色のセラミックやプラスチックの矯正装置を歯の表側に取り付けて行う治療です。表側から行う矯正は、矯正治療の中では最も一般的な方法なので症例や装置の種類も豊富です。見た目も目立ちにくい為、成人の矯正治療では最も人気の高い治療法のようです。

舌側矯正

矯正器具を歯の裏側(舌側)に取り付けて行う為、外からは矯正器具は見えません。人前に出るような仕事をされている人にも安心の方法です。ただし、表側矯正と比べると治療期間が長くなる・費用が高いことなどの欠点もあります。人によっては途中で表側矯正に切り替えるケースもあるようです。

マウスピース矯正

プラスチックで作ったマウスピースを使用し、少しずつ歯を動かす治療法です。比較的軽度な場合に適用となるようです。歯を動かす段階ごとに、何回かマウスピースを作り変える必要があります。

歯列矯正のメリット・デメリット

【メリット】

  • 歯列の見た目を綺麗にする
  • 咀嚼や発音などの機能的な部分も回復できる
  • セラミック矯正や舌側矯正なら、矯正器具が目立たない

【デメリット】

  • 費用が高額
  • 舌側矯正の場合、表側矯正よりも治療期間が長引く・微調整がしにくい・手入れが難しい
 

※歯列矯正はメリットもデメリットも大きな治療と言えそうです。後悔しない治療の為には、専門医とのカウンセリングを事前にしっかり行う事が大切。矯正歯科学会の認定医のいるところで十分なアドバイスを受けてから決めるようにしましょう。

歯列矯正の料金目安

セラミック矯正
平均的な費用の目安は、部分矯正の場合は10万円~、全歯列矯正の場合は70万円~となっているようです。

舌側矯正
平均的な金額目安は、部分矯正の場合は15万円~、全歯列矯正の場合は110万円~程度のようです。

マウスピース矯正
費用の目安としては、120万円~。

 
審美歯科口コミデータ総まとめ